水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
水戸まちなかビジネスプランコンテスト
スタッフくろさわです

株式会社まちみとラボ主催による、水戸のまちなかで起業・創業したいと考えている方のビジネスプランを募集しています。まちを元気にする素晴らしいプランについては、審査によって、リノベーションによる店舗の改装費用を最大100万円支援するほか、経営面や人的ネットワーク、広報面などで強力にサポートします。コンテストを実施するのは、水戸の新しいまちづくり会社『まちみとラボ』。水戸の中心市街地において新しいビジネスに挑戦したい人や企業を支援するため、「水戸まちなかビジネスプランコンテスト」を開催することとしました。水戸市や地域経済団体である水戸商工会議所などとともに、水戸のまちに新しい「モノ・コト」を創り出すしくみを、まちぐるみで応援する体制を整えます。水戸の中心市街地の未来を拓くビジネスプランを広くお待ちしています。

公募期間 2017年2月16日(木)〜3月10日(金)
※郵送は必着。Eメールは11日0:00まで有効。

●募集テーマ
水戸の中心市街地を元気にしたり、あるいは地域の特性を活かしたサービス、商品の販売など。

●受賞特典
受賞者の起業・創業に対し、資金面・人的ネットワーク・広報面で強力にサポートします!
◇最優秀賞 1点以内 店舗改装費用支援最大100万円
◇優 秀 賞 数点以内 店舗改装費用支援最大50万円
※出店に際し既存空き店舗等を改装する場合、株式会社まちみとラボが実施するリノベーション事業を優先的に活用できます。また、水戸市や水戸商工会議所、まちみとラボなどが、それぞれの強みを活かして創業・事業をバックアップします。ただし、特典は2017年4月以降で、事業に着手した時点からとなります。

●選考方法
一次審査(書類審査)及び最終審査(プレゼンテーション)を経て、受賞者を決定します。

●応募条件
プランに本気で取り組む情熱のある方、市内外問わずどなたでもご応募頂けます。個人若しくは団体、企業など、組織の法的な形態は問いません。 第二創業(既に何らかの事業を行っている事業者がその業態の変更、または新たに別の事業への進出)も応募対象とします。一次審査後、3月25日(土)の最終審査会(プレゼンテーション)に参加頂くこととなります。また、受賞後2017年4月からの少なくとも1年間は、水戸の中心市街地(水戸駅北口から大工町周辺)に店舗や拠点を構え、活動を実施することが条件となります。
※応募するプラン数に上限はありません。複数のプランをお持ちの方は、それぞれ応募して頂くことも可能です。

●申込み方法
募集要項ならびに下記注意事項をご確認の上、締切期限までに所定のエントリーシートに記入の上、下記までEメールまたは郵送にてお申込み下さい。
※応募要項、エントリーシートフォーマットは、下記リンクからダウンロードしてください。また、その他事業計画書等関連資料がありましたらA4サイズ2枚まで添付可能です。
提出先 Eメール:info@machi-mito-lab.com
郵送:〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-35(コワーキングスペース水戸Wagtail内)
   株式会社まちみとラボ 「水戸まちなかビジネスプランコンテスト」係

主催:株式会社まちみとラボ
後援:水戸商工会議所

募集要項、エントリーシートなど詳細はこちら⇒まちみとラボHP


●応募に関する問い合わせはEメールにてお願いします。
※常時スタッフがいるわけではありませんので、できるだけEメールでお願いします。

〒310-0021 茨城県水戸市南町3-3-35 (コワーキングスペース水戸Wagtail内)
Eメール info@machi-mito-lab.com
Tel.029-388-1580 (株式会社まちみとラボ ビジネスプランコンテスト担当)

20170224093706701_0001.jpg
スポンサーサイト
水戸まちなかファンクラブ通信第21号
スタッフくろさわです

水戸まちなかファンクラブ通信の最新号、第21号ができあがりました。
今回は、昨年ファンクラブ会員の皆さまにご協力いただいた、ファンクラブ事業やまちなかに関するアンケート結果などを掲載し、合計8ページの充実した内容になっております。ぜひ、ご覧ください。

水戸まちなかファンククラブ会員の皆様には郵送でお送りいたします。
ファンクラブ会員の方でなくても、後日、各まちの駅みとのパンフレット台で設置しますので、ぜひご覧ください。

【内 容】
・表 紙 「偕楽園 表門」
・特 集 「まちなかワイナリーDomaine MITO」
      「水戸まちなかゼミ&まちカル講座レポート」
      「水戸まちなかファンクラブアンケート結果」

【関連リンク先】
 ■水戸まちなかファンクラブ 
  入会金・年会費無料です。ぜひご入会ください。 
  水戸まちなかファンクラブについて
 ■まちの駅みと
  まちの情報ステーションです。ぜひお立ち寄りください。 
  まちの駅みとについて
20170223100225509_0001.jpg
宮銀まつりvol.1「昼間からやってるよ!宮銀ふれあい通り」~昼でもHOTなストリート~
スタッフあまがいです
2月19日(日)午前10時~午後3時まで、宮下銀座商店街で「宮銀まつりvol.1」が開催されました。
アーケードがあるメーンストリートにテーブルが設置され、各店舗も扉をあけて、開放的な雰囲気でとても賑わっていました。
手作り感があって、とてもいい取り組みだと思いました。
vol.1ということは、vol.2の開催も期待ですね!

IMG_1571.jpg

IMG_1576.jpg

IMG_1579.jpg

IMG_1580.jpg
EATABLE CITY 水戸
スタッフあまがいです
2月18日(土)午後2時30分から泉町会館で「EATABLE CITY 水戸」が開催されました。
このワークショップは、水戸芸術館が3月11日から開催する「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」の関連企画で、
建築家の藤森照信先生と一緒に、未来の都市プラン「EATABLECITY水戸」をつくるというもの。
素材は、当日、同所で開催されていた310食堂に集まった野菜や果物で、これを参加者が自由に加工して、まちをつくっていきました。
藤森先生は、野菜は人間に一番近い植物と考え、農産物を作る畑は美しいと話をされていました。
早速、ほしいもで千波湖を作成されていましたが、素晴らしい発想だと思いました。
できあがった作品は、写真に撮って、企画展に展示されますので、お楽しみに!

IMG_1558.jpg

IMG_1555.jpg

IMG_1559.jpg

IMG_1561.jpg

藤森照信展の詳細はコチラ→水戸芸術館ホームページ
三店ものがたり2017
スタッフくろさわです
中心市街地の個性的で魅力あるお店が連携してそれぞれのお店の魅力を発信し、新しいまち歩きのストーリーを提案する「三店ものがたり」が今年も開催されます。

12店舗が参加する今年のテーマは「夢結び」。
各店がそれぞれハートフルな企画やおもてなしでお客様をお迎えします。
見て楽しい、食べて美味しいまちなかのお店をめぐってみませんか?

【開催期間】 3月3日(金)~3月5日(日)10:00~18:00

【参 加 店】 Maison Weniko(フランス菓子・泉町1丁目)、紅茶館(紅茶・南町3丁目)、Aplaudo アプラウド(雑貨小物・南町3丁目)、遊人 you jinn(自家焙煎カフェ・南町3丁目)、三浦の文具(文具・南町3丁目)、銚子屋果実店(果実店・南町3丁目)、食と農のギャラリー葵(南町3丁目)、工芸デパート(工芸品・南町3丁目)、メガネのクロサワ(メガネ・南町2丁目)、ブティック・シマダ(衣料品・南町2丁目)、南町キッチン(日替わり飲食店・南町2丁目)、吉見屋(小売販売・南町2丁目) 

【後援】水戸芸術館

0001.jpg
0002.jpg