水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懲りずにチャレンジ 第3回「水戸検定」
スタッフ古山です☆
今年はいろいろやってみるがテーマです(温)

第3回 水戸検定 ~貴方の"水戸通度"はどれくらい?~ 
20100929160554568_0001.jpg

というわけで、水戸の自然から歴史、文化、芸術など様々なジャンルの問題がだされる水戸検定の第3弾が実施されます。

期日 10月17日(日)
時間 ①10:00~11:30(受付9:30)
    ②12:00~13:30(受付11:30)
    ③14:00~15:30(受付13:30)
    ※3回に分けて実施されます。
場所 弘道館・三の丸庁舎(選択できます)
定員 200名
料金 1,000円


お申込み方法 水戸検定公式サイトより受験票をダウンロードし水戸青年会議所へFAX(029-221-9631)します。後日、案内書と受験料の払い込み票が送られてきますので、郵便局で払い込みます。
※応募締切10月8日

その他、詳細は水戸検定公式サイトもしくは水戸検定実行委員会(029-221-6384)までどうぞ♪

80点以上で1級認定!!上位10位以内に入るとすてきな記念品もあるそうです★腕(頭)に覚えのある方はいかがでしょう?

ちなみに問題はこんな感じ♪公式サイトからダウンロードできます★
問:水戸市の人口に関する次の説明のうち、間違っているものはどれでしょうか。
①明治22(1889)年の市制施行時の人口は、約4 万5000 人だった。
②昭和30(1955)年の町村合併により、約11 万人になった。
③平成21(2009)年1月1日現在の人口は、約26 万5千人である。
④平成17(2005)年の国勢調査に基づく人口は全国の県庁所在地の中で7番目に少ない。
答:1

問:水戸芸術館のタワーの高さは100mですが、これは何に因んだものでしょうか。
①水戸の繁栄が100 年先までもつように願いを込めた。
②水戸市市制施行100 年を記念した。
③長寿(100 歳)の光圀公にちなんだ。
④水戸市が100 番目に市政が施行された。
答:2

問:水戸には水府流水術という伝統的な泳法があります。次の説明のうち間違っているのはどれでしょうか。
①初代頼房公のころから始まったが、斉昭公が「水府流」と名付けた。
②「のし泳ぎ」を基本としているが、上町(上市)と下町(下市)とで少し違い、2 つの系統があった。
③紀州小池流は、水戸水府流の流れをくんだ日本泳法である。
④水府流水術協会の下に現在も継承されている。
答:3


んー、難しい(汗)

というわけで、スタッフ古山。懲りずに参戦!! やっぱ受けるなら弘道館で畳に座りながらですよね♪※目標30点(笑)
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。