水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
殿中でござる
スタッフ古山です★
昨日は千波湖、偕楽園周辺は激混みでしたね★私は自転車だったのでスイスイと♪
アド街見ましたか?番組で紹介された梅干し大福は朝10時には完売だったそうです!!偕楽園の黄門茶屋で販売中ですので食べたい方はお早めにどうぞ♪

さて、番組を見て気になった点がいくつか…。ホーリーホックK’sデンキは入らないんだ。あとお土産で言えば吉原殿中とか…。

ということで今日の話題は吉原殿中です★
吉原殿中は水戸藩第9代藩主斉昭公のころ、御殿女中吉原が農人形に供えた御飯を乾飯にし、これを煎り、飴、黄な粉でまぶして作ったのが始まりといわれています。
市内の様々な和菓子屋さんで作られていて、お祭りやイベントでは実演販売や体験会も。

531yoshihara.jpg

殿中の主な製造販売店は水戸観光協会ホームページより

水戸の梅に引けを取らないはずの地元スイーツの殿中ですが、人気度はいまいちのようですね。周りに聞くと黄粉(きなこ)がポロポロする。食べにくいなどの意見が。

昨日、とある勉強会で水戸市政策研究会のみなさんと一緒に呑んでいた勉強していたときに出た話題で、彼らは以前、納豆の美味しい食べ方を研究していましたが、最近、殿中の新しい食べ方を研究しているそうです(いちいち黄粉を歯ブラシでそぎ落としてから各種フレーバーを試したそうです!!スゴイ!!)

そこで出た新しいフレーバーをいくつか。抹茶 チョコレート メープル イチゴミルク キャラメル などなど。イチオシはチョコレートとのこと。

たしかに殿中って私の記憶では黄粉以外の味はないですね※ちなみに黄粉は彼ら曰くプレーン味とのこと(笑)

どうでしょう、このブログを読んでる(かもしれない)和菓子メーカーの皆様
新フレーバー殿中開発で来年の梅まつりはもちろん、バレンタイン商戦に新商品投入などいかがでしょう?
打倒ゴディバ!!

ちなみのちなみでプレーン味の新しい食べ方としてはレンジで30秒ほどチンするホット殿中が意外といけるそうです(温)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。