水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EATABLE CITY 水戸
スタッフあまがいです
2月18日(土)午後2時30分から泉町会館で「EATABLE CITY 水戸」が開催されました。
このワークショップは、水戸芸術館が3月11日から開催する「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」の関連企画で、
建築家の藤森照信先生と一緒に、未来の都市プラン「EATABLECITY水戸」をつくるというもの。
素材は、当日、同所で開催されていた310食堂に集まった野菜や果物で、これを参加者が自由に加工して、まちをつくっていきました。
藤森先生は、野菜は人間に一番近い植物と考え、農産物を作る畑は美しいと話をされていました。
早速、ほしいもで千波湖を作成されていましたが、素晴らしい発想だと思いました。
できあがった作品は、写真に撮って、企画展に展示されますので、お楽しみに!

IMG_1558.jpg

IMG_1555.jpg

IMG_1559.jpg

IMG_1561.jpg

藤森照信展の詳細はコチラ→水戸芸術館ホームページ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。