水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近卒論の調査が多いです
スタッフ古山です。
またまたつぶやきです(苦笑)

今日も大学生(しかも東京の某有名大学)から「卒業論文の調査のためお話を伺いたいのですが・・・」との電話がかかってきました。

もちろんお話は聞きますし、必要なデータもお渡ししますよ。

でも卒論の提出って普通1月の上旬から中旬ですよね?この時期になって調査(しかも会議所に来るくらいですから基礎調査)が終わっていないのって…。

私も学生時代はそれほど勉強したわけでもなく、卒論も左手で書いてたくらい(苦笑)ですが、締切まで1か月切っても調査しているのは、普通に考えたらヤバイですね。うちの師匠(茨大のT先生)でしたら「そんなアホなやつは知らん」といいそうです(汗)

しかも今年はどうもそういう学生が多いんですよね。
※今月だけて4~5件位。普通は夏がピークですが、思い返せば今年の夏は少なかったような気がします。

考えられることとしては、とてつもない就職氷河期で学生の大半は就職活動に悪戦苦闘しており、結果、論文は後回しという事態なのではないでしょうか。
私の知り合いの学生たちからも厳しいという声を聞いていますが、切実に感じられる12月です。

師匠曰く「論文が書けない学生に就職口はない!!」とのことですが、書いても書かなくても就職口がないのが現実のようです。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。