水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自転車と街の関係
スタッフ古山です☆
昨日まで暖かかったので、今日の雨は響きます。

さて、スタッフ古山チャリラー(自転車乗り)なので、街なかの移動は荷物がないときは自転車をもっぱら使うのですが、そもそもまちなかって自転車はどこを走ればいいんですかね。

IMGP2275.jpg
一応、銀杏坂には自転車専用道路があったりしますが、だれも気にしてないですよね。
他のところは車道を走るべきなのか(すると車に轢かれそうになり)、歩道を走るべきなのか(すると歩行者を轢いてしまう危険があり)。
あと、仕事場は駅南なので、北口方面へはどうやって行くのが正しいのでしょう?私は駅の中を突っ切ってしまうことが多い(もちろん押して。乗ったらさすがに駄目でしょう)のですが、人によっては駄目だという方もいるとか。今のところ鉄道警察さんや駅員さんに止められたことはないので、黙認なのかな?

あと駐輪場。最近駅周辺の自転車放置禁止区域が広くなり、南口の方も放置自転車は撤去されるようです。放置自転車がなくなること自体は結構ですが、じゃあ自転車はどこに停めればいいの?
答えは地下駐輪場ということになりますが、どうにも使い勝手が悪いのも事実。有料なのは仕方がないとしても、地下(南口は立体)まで降りて、停めて、受付して、また上がってと…。
このあたりはどこの都市でも問題になりますが、もう少しうまい方法はないのでしょうかね。
駅周辺はまだしも、南町とか泉町に至っては、公設の駐輪場がないため、店舗の駐輪スペースがあればよし。なければ道端に停めるしかないというのも、いいのかな?と思いつつ…。

昨年度商工会議所で実施した調査でも自転車が使いにくいという声が結構ありまして、自転車問題は考えなければいけませんね。
ちなみにスタッフ古山の愛チャリは2004年型のジャイアント製エスケープR3。こんなの
MTBのフレームにロードのタイヤを合わせた所謂クロスバイクというやつです。
がんばれば40km位は出ますしギアも21段あるので坂道もお手の物(自分の体力が持つ限り)。
街なかを走るにはもってこいですが、スピード出しすぎて事故らないようにと心がけが必要です。キリッ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。