水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事帰還いたしました
スタッフ古山です☆
先週は商工会議所の研修で、石岡市に行ってまいりました。
せっかくなので、ちょこっとレポでも。

研修は座学(制度融資やら労働相談などの勉強)と、視察研修に分かれているのですが、やっぱり工場見学は楽しいですよね♪
今回は石岡が誇る?日本屈指の製缶工場(ビール缶を作る工場)日本ナショナル製缶(缶は本当は難しい漢字の缶)へ行ってまいりました。

というわけで、今日はなぜか缶が出来るまでの工程を一挙公開♪長くなりますのですみません

①アルミの板を丸く打ち抜いてプレスします。
01-07-10_0954.jpg
こんなアルミの板(というか布みたいに薄くなってます)が
01-07-10_0947.jpg
どんどん缶のような形に。

②最初の工程では浅い缶した出来ないので、伸ばして長い缶にしていきます(製品サイズに)
01-07-10_0945.jpg
長くなった缶。銀色っぽいのが缶ですが、ベルトコンベアが吸引式になっており、缶が逆さまにくっついて移動していきます!!

③缶に塗装します
01-07-10_1000.jpg
プリントする型。よーく見るとア○ヒの文字が…。
01-07-10_0938.jpg
巨大プリンター。この区画はインクのすごい臭いが…。

④製品チェック
01-07-10_1005.jpg
CCDカメラで一個一個チェックしていきます。
01-07-10_1006.jpg
不良品?は自動的に除かれます。じーっとみてたら10秒に1個くらいはじかれるようです。

⑤出来上がり。梱包、配送
01-07-10_0944.jpg
缶のタワー(というかピラミットのブロック?)が出来上がり。
01-07-10_1011.jpg
倉庫ではロボットカート(無人!)が自動でタワーをあちこちに積み上げていきます。
ハイテクですね♪

というわけで、こっから先はビール工場へ運ばれて中身が詰められるとのことです☆
一日三交代制の24時間操業で、年間あたり1億個以上の缶を作っているそうです!!

ちなみにためになる話として、数年前に親会社からやってきた今の社長さんは経営難だった会社を立て直すために、最初に掃除(拭き掃除)をやったそうです。最初は変な社長だと笑われていたようですが、そのうち全社員の賛同を得て、日本一キレイな工場を目指すようになったそうです。
だかに何?と思われる方もいるかと思いますが、このことがきっかけで社員のモチベーションが上がり、日々の生産効率も上がり、製品に対するクレームも減少(=信頼向上)したことで3年ほど前からはかなりの黒字を出すようになったそうです★

【結論】掃除って大事ですね♪私が最も苦手とする分野です(苦笑)

日本ナショナル製缶のホームページはこちらより(親会社の東洋製缶グループのホームページ)
ちなみに石岡市。3日ほど滞在しましたが、正直美味しいものが見当たりませんでした(涙)
石岡名物って何かありますかね?来週はもう半分の職員が行くので、お勧めのお店や食べ物知っている方いらっしゃいましたらぜひお教えください★
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。