水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホリエモンがやってくる
スタッフ古山です☆
今日は9月なのに最高気温更新かも?ですね(汗)

こんなチラシを発見しました★
20100907115641465_0001.jpg
大きいサイズは↓より
20100907115641465_000r1.jpg

堀江貴文講演会「未来を創るチャレンジをしよう」

期日 10月26日(火)
時間 19:30~21:30
場所 茨城県立県民文化センター
入場料 2,500円(前売りのみ)


詳しい内容は主催のどっとこむいばらきのホームページよりどうぞ☆

というわけであのホリエモンがやってくるそうです。

あのには様々な意味が含まれているのはご察しください(笑)
あのの中身

堀江さんに関しては様々な事柄でテレビやネットを通じて取り上げられていますので、詳しくはウィキペディアでも見ていただきたいと思いますので、ここでは私の感想でも…。

本格的なインターネット社会の到来を予期し、資本金600万円から上場企業まで昇り上げた手腕は確かに評価するべきですし、そのために多くの人がリスペクトしているのでしょう☆IT業界にとどまらず、球団経営やテレビ会社の買収、はては宇宙旅行まで手を伸ばそうとしたチャレンジ精神もすごいものがあります!

ですが一言でいえば「手段を選ばない」方法論が結果として多くの敵をつくっていったのだとも思いますね。歴史武将で表せば織田信長みたいな感じでしょうか☆

ちょっと話は変わりますが、学生時代(私)にマックス・ウェーバーのプロ倫(プロテスタンティズムの精神と資本主義の精神)">プロ倫(プロテスタンティズムの精神と資本主義の精神)を読んだこと(というか読まされた)がありますが、内容は資本主義の始まりはプロテスタントの俗世禁欲的な精神(禁欲的に社会に貢献することが救いにつながる)が資本主義の理論にマッチ(資本を再生産のために再投資していく)したため、近代資本主義が始まったという論説です。
しかし、次第に営利の追求が目的に変わっていき現代の資本主義に変わっていったそうです。

私の師匠曰く、プロテスタンティズムの精神とは隣人愛とのことです。堀江さんがどのような精神を持ってライブドアを経営していたか興味がありますね★
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。