水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幕末リアリズム「桜田門外ノ変」今週末公開
スタッフ古山です★
三連休は雨と季節外れの暑さで運動会も寒いやら暑いやらで大変だったようです。
今週は比較的普通?な天気ですかね。

さて、今週末はいよいよ映画「桜田門外ノ変」が公開です!!(16日より)

20100514171807849_0002.jpg

水戸ではシネプレックス水戸(駅南コムボックス)TOHOシネマズ水戸(内原イオン)でそれぞれ上映が決まっています!!まだ上映時間は出ていませんがチェックしてみてくださいね★

今日は実際に映画を見る前に「桜田門外ノ変」をちょっと予習してみたいと思います。

時代(トキ)は安政7年(1860年)、江戸城桜田門外(東京都千代田区)にて水戸藩、薩摩藩の浪士が彦根藩の行列を襲撃して大老の井伊直弼を暗殺した。
その2年ほど前、大老に就任した伊井直弼は勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印し、また徳川家茂を将軍継嗣に決定した。これらの諸策に反対する者たち(水戸藩主:徳川斉昭など)を弾圧していった。
これら幕府の暴挙に対し、水戸藩と薩摩藩は天皇への直訴(兵を伴っての上京という威力的なもの:文献では挙義と表現)による幕政是正を図ったが、水戸藩内の分裂や薩摩藩内の鎮静化などがあり、京都での挙義は出来なくなった。
それでも幕政是正のためには伊井直弼の排除が必要不可欠とする水戸浪士は彦根藩(藩主:伊井直弼)の登城途中に襲撃した。1860年3月24日、当日は季節外れの大雪だった。


と予告風な感じで簡単にまとめてみました。

この事件により、長く安定していた江戸幕府の影響も失墜し、文久期(1861~63)の尊王攘夷運動激化の発端となり、明治維新に続く騒乱の時代へと移って行きました。

一言で言えばテロということになるんでしょうが、10年前、ニューヨークのツインタワーに飛行機が激突した9.11事件の際に(私の)師匠はここ言いました。「なぜテロを起こさざるを得なくなってしまったか。テロリストのことも想像できるようにならなければならん。」と。

本作主人公の関鉄之助をはじめ水戸浪士、彦根藩士ともほとんどの人間が斬死、自刃、斬首、獄死など凄惨な最後をたどるこの事件。何を想ってこの事件を起こしたのか。当時の世界感と合わせて考えてみてはいかがでしょう。


映画「桜田門外ノ変」公式ホームページはこちら
桜田門外ノ変支援の会ホームページはこちらよりどうぞ★

ちなみに、試写会等で見た人のレビューを見てみますと、リアルにこだわっており、悲惨な場面も多々あるそうなので、決してデートには向かないそうです。あと13人の刺客みたいなチャンバラアクションムービーでもないので、そういう期待もしては駄目とのこと。ある意味、大河ドラマよりもドキュメンタリー性が高いようですね。



限定前売り券絶賛発売中★
&プレゼントのお知らせ

16日から公開の映画「桜田門外ノ変」。この前売り券と豪華26ページの解説本がついた特別前売り券を水戸商工会議所では発売中です!!(1,300円/1枚)
本券は完全限定なので、まだチケットゲットしていない方はぜひこの機会にいかがでしょう。
詳細ははこちらより

もうチケット買っちゃったんだけど…。という方に朗報!!この限定パンフレット(B4サイズ、フルカラー、24ページの豪華仕様)を抽選で1名様にプレゼントします★ご希望の方は住所、氏名をご記入の上、右下のメールフォームよりお申込みください(締切14日)。

スポンサーサイト
コメント
コメント
初めまして。kirakira tokiwaと申します。
私のブログに訪問してくださってありがとうございます。そのことに気付いたのがつい最近だったので、遅くなってしまいました(汗
私もたまーに水戸の話題をブログに書いています。
水戸を愛する者同士頑張っていきましょう!

よろしくお願いしますm(_ _)m
2010/10/16(土) 22:04:46 | URL | kirakira tokiwa #- [ 編集 ]
kirakira tokiwa 様
コメントありがとうございます。
秋本番でイベントがたくさんありますので、もしお時間ありましたらぜひお出かけください。
参考になるよう、がんばって記事書きます★
それでは今後ともよろしくお願いいたします♪
2010/10/20(水) 13:18:32 | URL | まちファンスタッフ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。