水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄門まつり特集4
スタッフ金澤です

いよいよ明日に迫ってまいりました!「水戸黄門まつり」
知っている方も多いかもしれませんが、ちょっとしたトリビアをあえて。

先日、黄門まつりについてググっていたら、「行ってみたい七夕祭りランキング」の7位に「水戸黄門まつり」がランクインしていました
<※2007年調査>
七夕祭りという印象いまいち薄いのに、なぜ七夕祭りなのか

水戸黄門まつりの由来 <水戸観光協会より抜粋>
 yurai.jpg
水戸の夏のイベントとして、昭和36年に第1回を実施いたしました。
 水戸黄門まつりは、戦前から行われていた商店会の夏の「七夕まつり」と秋の「広告祭」をもとにしたものです。七夕まつりと広告祭は,昭和10年前後に相次ついでスタートしました。戦争中は、中断しましたが、戦後昭和24年にいち早く七夕まつりとして広告祭が復活し、全市商店会をあげて七夕まつりを催しました。
 昭和36年、茨城県に映画「水戸黄門、助さん、格さん 大暴れ」の撮影に来た時、月形龍之介氏が水戸黄門の旅姿で水戸市役所を訪問したことから「黄門まつり」のアイデアが生まれ、昭和36年8月に「第1回水戸の七夕黄門まつり」が開催されました。
 第1回目は、当時の水戸市長が水戸黄門役、水戸商工会議所会頭が助さん役、水戸観光協会長が格さん役に扮して大通りをパレードしました。
 第32回目では、名称を「水戸黄門まつり」に変更して現在に至っております。


「水戸観光協会」

なるほどー
南町2丁目の通りに笹が飾ってあるのはその名残でしょうか。
旧暦・月遅れの七夕は8月7日らしいので、バッチリといえばバッチリの時期ですね。

明日8月5日(金)は花火大会です
で・す・が・何やらお天気がアヤシイです
夕方、弱雨!なんということでしょう。
でも基本は曇りマーク、何とか持ってくれることを祈りましょう

開催か中止かブログでもお伝えします
祭り、楽しみましょう

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。