水戸商工会議所が運営する「水戸まちなかファンクラブ」 本ブログではファンクラブ通信だけではお届けできない生の情報をお知らせします。 たまにスタッフの独り言もあるかもしれませんがお許しのほどを・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水戸芸術館「高嶺格のクールジャパン展」レポート 
スタッフあまがいです
水戸芸術館「高嶺格のクールジャパン展」の内覧会に参加してきましたので、レポートします。

高嶺格(たかみね・ただす)さんは、現代美術家、そして演出家としても活躍されている方です。

「クールジャパン」とは、日本人の優れた技術力、きめ細やかなサービス、食からアニメやマンガ、ゲームといった幅広い日本文化を海外に積極的に発信するために日本政府が掲げているブランディングのためのキーワードです。

このキーワードをアイロニカル(皮肉)に用いて、戦後から現在にいたるまで日本人の無意識に働きかけてきたイメージや言葉に焦点を当てたインスタレーション作品が展示されています。

8つの部屋で構成されていますが、そのしきりとして、黒いフサフサをくぐります。
モサモサしてうっとおしく感じるので、次の部屋に新たな気持ちで入ることができます。

特殊な紙粘土でできた像が全部で6体展示されていますが、最初に出てくる女性の像以外は、原発問題等について怒っている人たちをモチーフに制作されたそうです。

東日本大震災での福島第一原発の事故以降、原子力について様々な議論がされていますが、この企画展を見て、今後自分たちはどういった方向に進むべきか深く考えさせれました。

IMGP3989.jpg
敗訴の部屋で撮った高嶺さんと作品(一般の代表として制作された女性の像)

【水戸芸術館「高嶺格のクールジャパン展」概要】
開催期間:2012年12月22日(土)~ 2013年2月17日(日)9時30分~18時(入場時間は17時30分まで)
会 場:水戸芸術館 現代美術ギャラリー
休館日:月曜日 ※年末年始12月27日(木)~2013年1月3日(木)
入場料:一般800円

詳しくは、こちら!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。